Jul 21, 2021 Japan

DoorDash、宮城県内のサービス提供エリアを拡大

米国最大手のデリバリー・プラットフォーム DoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表 兼 カントリーマネージャー:山本竜馬)は7月21日、宮城県内のサービスエリアを拡大し、仙台市全域に加え、塩釜市、名取市、多賀城市での注文受付を開始することを発表しました。DoorDashの日本法人代表 兼 カントリーマネージャー山本竜馬は、「デリバリー需要が高まる兆しを見せている塩釜市・名取市・多賀城市で、DoorDashのサービスを開始できることをたいへんうれしく思います。デリバリー・プラットフォーマーとして、地域の加盟店、消費者、Dasher(ダッシャー:配達員)を結びつけるサポートをすることで、加盟店やDasherの方々に新たな収益機会を作り出していきます。宮城県内の経済活性化により一層貢献するべく、引き続き高品質なサービス提供に邁進して参ります」と意気込みを述べています。

地元で人気の飲食店「びすとろぼんてん」「牛たん炭焼 利久」「うまい鮨勘」も、仙台市内に加え、今回の拡大エリアに対応します。また、全国区で人気の高い「牛角」「かっぱ寿司」「吉野家」「ケンタッキーフライドチキン」「ステーキ宮」などの幅広い飲食店から商品を注文することが可能です。今回のエリア拡大にともない、新しく加盟店に加わった塩釜市の「ピッツェリア ラ ジータ」の佐沢健太郎様は、「DoorDashでデリバリーサービスを提供できることになり、非常に楽しみです。遠方でなかなか足を運んでいただけない方にも、気軽に美味しく、本格的なナポリピッツァの味を楽しんでいただきたいです」と期待をよせています。

DooDashは、手頃な価格で自社のウェブサイトやアプリに導入できる注文・デリバリーシステム「Storefront(ストアフロント)」を加盟店に提供しています。6月の仙台市から提供を開始したこの独自サービスは、加盟店からすでに好評を得て、塩釜市・名取市・多賀城市へのサービス拡大においても導入が進んでいます。自社あるいは各店が保有するロイヤル顧客やファンへのアプローチ方法を検討している加盟店は、自社のウェブサイトにStorefrontの機能を追加することで、容易にオンライン注文をシームレスに導入することができます。※2021年末まで本サービスの手数料は無料で、加盟店は決済手数料のみで利用することができます。