DoorDash Newsroom

View the latest news and announcements from DoorDash.

Recent News

Array ( [ignore_sticky_posts] => 1 [paged] => 1 [post_type] => post [post_status] => publish [posts_per_page] => 12 [orderby] => date [order] => DESC [cat] => 434 ) DoorDash x ベガルタ仙台「ドアダッシュ川柳」の募集を開始

DoorDash x ベガルタ仙台「ドアダッシュ川柳」の募集を開始

デリバリー・プラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーDoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(以下、DoorDash Japan、本社:東京都中央区、代表兼カントリーマネージャー:山本竜馬)と宮城県仙台市を拠点とするJリーグ加盟のプロサッカーチーム「ベガルタ仙台」は、「ドアダッシュ川柳」の作品募集を3月30日(水)から開始します。 コロナ禍で、リモートワークが推進され、ご家庭でデリバリーを楽しんだり、自宅で家族やペットと過ごす時間が増えたり、近年の生活様式は大きく変わりました。それらの変化にちなんだ3つのテーマ、「ドアダッシュ」「家族」「リモートワーク」で川柳を募集します。募集期間中に、各テーマに沿った川柳を、Twitterに「#ドアダッシュ川柳」をつけて投稿いただいた方の中から入賞作品を選定し、豪華賞品をプレゼントいたします。 DoorDashは、弊社の企業ミッションである「地域経済の成長とコミュニティの活性化に貢献する」と、ベガルタ仙台が1994年の創立以来掲げている「地域との関わり」というクラブコンセプトが共通していることから、宮城県を中心にホームタウン活動を通じて地域密着と街づくりをするベガルタ仙台の活動を支援していきたいという思いから、2022シーズンよりベガルタ仙台のシルバースポンサーとなりました。ベガルタ仙台の今シーズンの活躍を、地域のファンのみなさまとともに盛り上げていきたいと考えております。本企画の詳細や応募作品は、DoorDashの公式Twitter(@DoorDash_Japan​​)または #ドアダッシュ川柳 でもご確認ください。 ■「ドアダッシュ川柳」コンテスト概要 以下の3つのテーマに沿った川柳に「#ドアダッシュ川柳」をつけて投稿してください。川柳は5・7・5の17文字でご投稿ください。 募集期間:3月30日(水)00時00分 ~ 4月5日(火)23時59分まで テーマ①:ドアダッシュ賞 デリバリーあるあるなど「ドアダッシュ」に関する川柳を、「#ドアダッシュ川柳」を付けてTwitterでご投稿ください。 例) めんどうな 私の味方 ドアダッシュ アウェイ戦 試合見ながら デリバリー 【賞品】ドアダッシュ賞:1名 ・選手サイン入りユニフォーム ・2022明治安田生命J2リーグ 4月10日vsレノファ山口FC VIP招待 1組2名様 + 試合終了後、ベガッ太&ルターナとピッチで記念撮影 テーマ②:ファミリー賞 家族との食事や家族団らんなど、「家族」に関する川柳を、「#ドアダッシュ川柳」を付けてTwitterでご投稿ください。 例) 食卓で 家族のきずな 再確認 多忙でも 毎日そろって 夕ご飯 【賞品】ファミリー賞:2名 ・選手サイン入り公式球 ・2022明治安田生命J2リーグ 4月10日 vs レノファ山口FC VIP招待 1組2名様 + 試合終了後、ベガッ太&ルターナとピッチで記念撮影 テーマ③:リモートワーク賞  「リモートワーク」に関する川柳を「#ドアダッシュ川柳」を付けてTwitterでご投稿ください。 例) パジャマから 上だけ着替えて WEB会議 リアルでは 会ったことない人 かなりいる 【賞品】リモートワーク賞:3名 ・ベガルタ仙台タオルマフラー ・2022明治安田生命J2リーグ 4月10日 vs レノファ山口FC SS指定席チケット1組2名様 + 試合終了後、ベガッ太&ルターナとピッチで記念撮影 ■結果発表当選者は、4月7日(木)までにTwitterのダイレクトメールにてご連絡いたします。当選者のみのご連絡となりますので、ご了承ください。各賞は、ご応募いただいた川柳の内容を加味し決定いたします。 ■注意事項※ ご応募に際しお預かりしたお客様の個人情報につきましては、本キャンペーンの目的以外には使用いたしません。※ 未発表で必ず本人が作ったものを応募してください。※ ご応募いただいた作品の著作権はDoorDash Technologies Japan株式会社に帰属するものとします。※ 応募内容、結果に関するお問い合わせは一切受け付けておりません。※ 接続料・通信料など、ご応募にかかる費用は応募者ご本人のご負担となります。※ ご応募いただいた時点で、本応募要項、その他全ての内容に同意されたものといたします。※ […]

Japan
DoorDash、ダッシャーを支援する「ガソリン代金応援プログラム」を発表

DoorDash、ダッシャーを支援する「ガソリン代金応援プログラム」を発表

デリバリー・プラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーDoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表兼カントリーマネージャー:山本竜馬)は、ダッシャー(配達パートナー)を支援する「ガソリン代金応援プログラム」を発表しました。ここ数週間世界中でガソリン価格が高騰し、この経済の現状は車やバイクで配達するダッシャーに異例かつ未曾有の課題をもたらしています。DoorDashは、すべてのデリバリーを価値あるものにするために、この危機においてダッシャーにどのようなサポートが最良で、コスト上昇を抑えることができるか検討する時間を持ちました。その検討をもとに、ガソリン価格の高騰を踏まえ、かつダッシャーの収益性を維持することを目的とした「ガソリン代金応援プログラム」を開始いたします。 「ガソリン代金応援プログラム」詳細* 週次ガソリン代報酬引き続きダッシャーのみなさまに、DoorDashのプラットフォームにてご活躍いただくために、週次のガソリン代報酬を600円から最大1800円まで支給します。対象期間は2022年3月14日から2022年5月1日まで。すでに配達している場合は、3月14日分から対象となります。これらの報酬は、DoorDashの通常の配達報酬やボーナスプロモーションに加えて追加報酬となります。支給額は週ごとの走行距離に応じて変動します。走行距離は(実際の走行距離にかかわらず)ダッシャー用アプリに表示された推定距離に基づき算出されます。 軽自動車、自動二輪車または原動機付自転車いずれかの配達手段で報酬額は下記の走行距離を満たした場合に適用されます。 月曜日から日曜日の走行距離が:・150キロ以上の場合 600円・280キロ以上の場合 1,200円・350キロ以上の場合 1,800円 例えば、2022年3月28日から2022年4月3日の間にガソリン代応援プログラムの条件を達成した方には、4月5日を目処に追加報酬の支払処理が行われます(なお、入金まで数日間時間を要する場合があります) DoorDashのミッションは、地域経済に力を与えることであり、それは私たちのダッシャー、加盟店、顧客コミュニティにできる限りのサービスを提供することから始まります。コロナ禍、とくに最近のインフレによって、世界中の何百万人もの人々がDoorDashでフレキシブルに副収入を得る機会を求めています。私たちは、このような収入を得る機会がすべての人にとって身近であり続けられるようにしたいと考えており、今回の支援策は、ダッシャーのみなさんに役立つと信じています。 *プログラムの対象になるには、軽自動車、自動二輪車または原動機付自転車いずれかの配達手段を登録している必要があります。また、それぞれの週ごとの期間中に走行距離の合計が150キロ、280キロ、350キロを満たしている必要があります。走行距離は(実際の走行距離にかかわらず)ダッシャー用アプリに表示された推定距離に基づき算出されます。本プログラムは予告なく終了することがあります。 【DoorDash(ドアダッシュ)について】DoorDash(NYSE:DASH)は、人気のお店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、米国・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツでサービスを展開しています。2013年に創業以来、簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、お客様からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashは、ローカル・コマースのために物流のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
米国ではダッシャーの半数以上が女性!DoorDashを選ぶ理由は「柔軟なスケジュール」「副収入」「安全性」

米国ではダッシャーの半数以上が女性!DoorDashを選ぶ理由は「柔軟なスケジュール」「副収入」「安全性」

全米のダッシャー(配達パートナー)を対象とするアンケート調査の結果から、女性が全ダッシャーの58%を占めていることがわかりました。女性ダッシャーが、DoorDashを選ぶ理由のトップとして「柔軟なスケジュール」「副収入」「安全性」が挙げられています。 コロナ禍で、何百万人にものぼる女性が離職を余儀なくされました。失業者が急増し、多くの人が別の仕事や子育て、介護、家族の世話などをしながら、自分のスケジュールに合わせて収入を得る方法を模索しています。昨年DoorDashは、全米のダッシャーを対象とするアンケート調査を実施しました。その結果から、女性の積極的な配達パートナーとしての参加によって、すべてのダッシャーの58%を女性が占めていることがわかりました。柔軟なスケジュールをたて、収入を得ることができる機会が、かつてなく重要となった時代に、DoorDashのプラットフォームを通じて配達をしたいと多くの女性に思ってもらえたことを、DoorDashは大変うれしく思っています。女性ダッシャーが、なぜDoorDashのプラットフォームを選び、どのように収入を活用しているかについての調査結果は、次のとおりです。 女性ダッシャーの大多数が本業を持っていて、DoorDashからの収入がメインではない 自分をフルタイムのギグワーカーだと考えている女性ダッシャーはわずか13%(男性ダッシャー:16%) 他の本業で正社員として働いている女性ダッシャーは41%(男性ダッシャー:44%) 子育て、介護に専念している女性ダッシャーは16%(男性ダッシャーは:3%) パート・アルバイトで別の仕事をしている女性ダッシャーは13%(男性ダッシャー:11%) 学生の女性ダッシャーは9%(男性ダッシャー:10%)* ギグエコノミーではない自営業または小規模事業者の女性ダッシャーは5%(男性ダッシャー:7%) 定年退職者の女性ダッシャーは4%(男性ダッシャー:8%) 女性ダッシャー、とくに子育てや介護をしている人は、自分なりのスケジュールで 収入を得られる柔軟性を評価 ダッシャーを選ぶ理由として、80%の女性ダッシャーが自分でスケジュールを決められるためと回答(男性ダッシャー:76%) 子育てや介護に携わる女性ダッシャーの60%が、ダッシャーを選ぶのは子供や家族などの世話をしながら収入が得られるためだと回答(男性ダッシャーでは子育て、介護に関わらず30%) 「他ではなくこの配達業務を選ぶ理由は配達業務が柔軟であるためか?」という問いに、女性ダッシャーの88%が「強くそう思う」と回答(男性ダッシャー:78%) 「生活においていかなる変化があっても、いつ、どこで、どのように収入を得るかを自分で選べることが重要か?」という問いには、女性ダッシャーの87%が「強くそう思う」と回答(男性ダッシャー:80%) コロナ禍で失った従来の収入源や普段の支出をカバーするためにDoorDashのプラットフォームを利用している人の数は男性ダッシャーより女性ダッシャーの方が多い コロナ禍で失った従来の収入源や減少した勤務時間を補うためと回答した女性ダッシャーは73%(男性ダッシャー:61%) 家賃、住宅ローン、車のローンなどの月々の支払いのためと回答した女性ダッシャーは80%(男性ダッシャー:77%)* 「配達で追加の収入を得なければ生活していくのが難しいか?」という問いに「強くそう思う」と答えた女性ダッシャーは46%(男性ダッシャー:40%) ワシントン州シアトルで活躍するダッシャーのエラシェン・ハリスさんは、「二児の母になった私にとって、家族がすべて」と話します。「私は産後うつと診断され、子どもたちにとってベストな状態ではありませんでした。そんな時、友人がダッシャーに登録してみたらどうかと勧めてくれました。配達パートナーとして配達をするなかで、自分のスケジュールに合わせて収入を得て、地域の人々や同じ子育て中の人たちとつながることで、一番辛い時期を乗り越えることができました。DoorDashのおかげで苦境から抜け出すことができ、この1年間は近所の人たちとの交流を深めつつ、柔軟に収入を得て、子どもたちにとってベストな自分になることができました。」とコメントしています。 DoorDashのコミュニケーション&ポリシー担当VPのElizabeth Jarvis-Sheanは、以下のように述べています。「子育てや介護をしている人に、とくに女性にとって、コロナ禍は非常に厳しい状況です。この状況は改善が今後期待されますが、パンデミックの終息はまだ程遠く、引き続き多くの人が、いつでも、どこでも、好きな期間だけ収入を得ることができる配達業務を求めると考えています。柔軟に取り組める配達業務は多くの人にとって魅力的であり、DoorDashなどのプラットフォームは、とくに女性のニーズに応えています。今回の調査結果では、ダッシャーのニーズを反映した取り組みを推進しつつ、すべてのダッシャーが安全に安心して配達業務ができるようなサービスの提供やパートナーシップの提携をしていくことの重要性が明らかになりました。」 DoorDashは引き続き、DoorDashのプラットフォームで活躍する女性ダッシャーの支援やリソースの提供をしていきます。 [調査方法] この調査はQuadrant Strategiesが実施し、過去半年の間に1回以上配達業務を行ったダッシャーの中から無作為に抽出した対象から回答を得た結果です。期間は2021年7月19日〜26日で、全米のダッシャー4,083名に全国オンライン調査を実施しました。許容誤差は+/- 2%です。※男女の比率の差は統計学的に有意ではありません。 本ブログ記事は2021年8月25日(米国時間)に公開されたA Majority of Dashers Are Women. Here’s Why They Choose DoorDashの抄訳です。 【DoorDash(ドアダッシュ)について】 DoorDash(NYSE:DASH)は、地方や全国で人気の飲食店や小売業などの加盟店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツでサービスを展開しています。2013年の創業以来、​​簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、消費者からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashはお客様の玄関(ドア)に物やサービスをダッシュで届ける、物流の最後の接点「ラストワンマイル」のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
ダッシュを競おう!DoorDash x ベガルタ仙台   特別イベント「ドアダッシュコンテスト」​​を初開催

ダッシュを競おう!DoorDash x ベガルタ仙台 特別イベント「ドアダッシュコンテスト」​​を初開催

オンデマンド・デリバリー・プラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーDoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表兼カントリーマネージャー:山本竜馬)と、宮城県仙台市を拠点とするJリーグ加盟のプロサッカーチーム「ベガルタ仙台」は、3月6日(日)に開催する2022明治安田生命J2リーグ 第3節 ザスパクサツ群馬戦で特別イベント「ドアダッシュコンテスト」を初開催します。「ドアダッシュコンテスト」とは、DoorDashの社名にちなんで、ピッチ内をダッシュで駆け抜ける新しいスタジアム体験型イベントです。普段はなかなか入ることができないグラウンドに立ち、ペナルティエリアの短辺と同じ16.5mの特設走路を全力で走り抜けるタイムを競い、上位者に記念撮影参加権など豪華賞品を贈呈します。 DoorDashは、弊社の企業ミッションである「地域経済の成長とコミュニティの活性化に貢献する」と、ベガルタ仙台が1994年の創立以来掲げている「地域との関わり」というクラブコンセプトが共通していることから、宮城県を中心にホームタウン活動を通じて地域密着と街づくりをするベガルタ仙台の活動を支援していきたいという思いから、2022シーズンよりベガルタ仙台のシルバースポンサーとなりました。ベガルタ仙台の今シーズンの好スタートを願って、地域のファンのみなさまとともに本イベントを盛り上げていきたいと考えております。参加のお申し込みは、対象試合の観戦チケットをお持ちで、下記フォームから事前申込をされた先着300名が対象となります。 【対象試合】明治安田生命J2リーグ第3節ベガルタ仙台vs.ザスパクサツ群馬2022年3月6日(日)14:00 ユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区) 【ドアダッシュコンテスト イベント概要】グラウンドのアンツーカー部分(コンクリート敷)の特設走路(16.5m=ペナルティエリアの短い方のライン1辺と同じ距離)を1人ずつ全力ダッシュし記録を競います。記録はカテゴリー毎に集計し、ランキング上位者には賞品を贈呈いたします。 ■カテゴリー ①男性の部(高校生以上) ②女性の部(高校生以上) ③小・中学生の部 ※未就学時の方は参加できません。 ※見学のみの入場はお断りします。ぜひみなさま揃ってダッシュにご参加ください。 ※小学生に限り、付き添いは1名のみ入場いただけます。 ■賞品(各カテゴリーごと)1位~3位:DoorDashプロモコード3,000円分、試合終了後ピッチでの特別記念撮影参加権4位~10位:ベガルタ仙台タオルマフラー参加賞:ベガルタマスク、オリジナルステッカー ※特別記念撮影参加権の当選者発表は、ハーフタイム時よりコンコース北の総合案内前に掲示にて発表します。当選者は試合終了時点から20分後に、コンコース北の総合案内に集合してください。撮影はお客様のカメラやスマートフォンなどで自由に撮影いただきます。グラウンド上での撮影時間は入場から約10分間となります。ビジターユニフォーム、グッズを着用しての参加はできませんのでご了承ください。 ■参加対象 当日の観戦チケットをお持ちで事前申込をされた先着300名さま ※定員に達しない場合は、試合当日も受付を行う場合がございます。 ■開催時間・定員 密集や待機時間抑制を目的に3つの時間帯に分けてご案内いたします。 Aグループ 11:00~ 90名さま                        Bグループ 11:30~ 90名さま Cグループ 12:00~ 120名さま ■参加申込方法 専用フォームからWeb申し込み。定員に達し次第受付を終了いたします。参加希望の時間帯(グループ)を1つ選んでお申し込みください。※おひとりで複数のグループにまたがる重複申し込みは固くお断りします。 Aグループ 11:00~  90名さま                                                     https://forms.gle/PxnhRKV5zxob46uZ9 Bグループ 11:30~  90名さま https://forms.gle/MvhqCRbGxUjcfpJn7 Cグループ 12:00~ 120名さま https://forms.gle/hnU9zZwPiavd6Bdv8 ■当日の受付時間・場所 Aグループ 10:30~10:50 Bグループ 11:00~11:20 Cグループ 11:30~11:50 ※当日の観戦チケットをご提示いただきます。受付時間に遅れた場合は、申込済であっても参加をお断りする場合があります。 さらに、ホーム側入場ゲートにて、最大2,000円オフとなるドアダッシュプロモコード付きチラシを2,000枚配布いたします。有効期限は3月20日までとなりますので、ぜひ試合観戦後にドアダッシュアプリをお試しください。※チラシは無くなり次第終了となります。 【最大2,000円オフのドアダッシュプロモコードのご利用条件】 初回利用者にのみ有効です。割引総額は2,000円(2回のご注文それぞれにつき1,000円)を上限としま初回利用者にのみ有効です。2022年3月20日の24時(日本時間)までのご注文にご利用いただけます。割引総額は2,000円(2回のご注文それぞれにつき1,000円)を上限とします。1,000円の割引は、初回から2回目までのご注文で、かつ各注文における注文小計の金額が2,000円以上(税金と手数料を除く)のご注文にのみ適用されます。DoorDashは、その単独の裁量で、プロモーションを予告なく延長、変更、中断又は終了することがあります。利用規約が適用されます。利用規約の全文はこちらをご覧ください。 【DoorDash サービス概要】注文方法:DoorDash ウェブサイト( https://www.doordash.com/ja-JP)、またはDoorDash モバイルアプリ(App StoreまたはGoogle Playからダウンロード)で注文 DoorDashのモバイルアプリのダウンロードは、コチラのリンク、または下記QRコードからダウンロードいただけます。 【DoorDash(ドアダッシュ)について】 DoorDash(NYSE:DASH)は、地方や全国で人気の飲食店や小売業などの加盟店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツでサービスを展開しています。2013年の創業以来、​​簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、消費者からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashはお客様の玄関(ドア)に物やサービスをダッシュで届ける、物流の最後の接点「ラストワンマイル」のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
DoorDash、ベガルタ仙台の開幕戦に協賛

DoorDash、ベガルタ仙台の開幕戦に協賛

オンデマンド・デリバリー・プラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーDoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(以下、DoorDash Japan、本社:東京都中央区、代表兼カントリーマネージャー:山本竜馬)は本日、宮城県仙台市を拠点とするJリーグ加盟のプロサッカーチーム「ベガルタ仙台」の開幕戦に協賛し、ブース出展することを発表いたしました。 DoorDashの企業ミッションの「地域経済の成長とコミュニティの活性化に貢献する」と、​​ベガルタ仙台が1994年の創立以来掲げている、「地域との関わり」というクラブコンセプトが共通していることから、宮城県を中心にホームタウン活動を通じて地域密着と街づくりをするベガルタ仙台の活動を、DoorDashは支援していきたいという思いで今回の協賛を決定いたしました。 2月20日(日) 14:00 に、ユアテックスタジアム仙台で開催されるホームゲーム(明治安田生命J2リーグ第1節 ベガルタ仙台 vs アルビレックス新潟​​)で、開幕戦特別企画としてスタジアム内に特設イベントブースを設置し、選手サイン入りの2022 1stユニフォームや選手サイン入りのJリーグ公式球、DoorDash プロモコード3,000円分など豪華賞品が当たるくじ引きを実施いたします。くじ引きの参加者全員に、初めてのオーダーで使えるDoorDashのプロモコードも進呈します。 【参加者全員に当たる!DoorDashくじ引き イベント概要】 日時:2022年2月20日(日)11:00~16:00(無くなり次第終了) 場所:ユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区) 北エントランス 特設ブース 参加費:無料(アプリをダウンロードしていただいた方が対象) 賞品: A賞:選手サイン入 2022 1stユニフォーム 3名 B賞:選手サイン入 Jリーグ公式球 2名 C賞:ドアダッシュ プロモコード 3,000円分 20名 D賞:マスコットタオルマフラー 50名 E賞:選べるグッズお楽しみBOXより1つ選択 100名 F賞:オリジナルステッカー 3,000名 さらに、参加者全員に初めてのオーダーに使えるDoorDashのプロモコードを進呈いたします。 【DoorDash(ドアダッシュ)について】 DoorDash(NYSE:DASH)は、地方や全国で人気の飲食店や小売業などの加盟店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツでサービスを展開しています。2013年の創業以来、​​簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、消費者からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashはお客様の玄関(ドア)に物やサービスをダッシュで届ける、物流の最後の接点「ラストワンマイル」のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
DoorDash、バレンタインに牛タンをデリバリー!?大切な人への感謝をギフト機能で

DoorDash、バレンタインに牛タンをデリバリー!?大切な人への感謝をギフト機能で

オンデマンド・デリバリー・プラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーDoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(以下、DoorDash Japan、本社:東京都中央区、代表兼カントリーマネージャー:山本竜馬)は本日、今年のバレンタインデーにDoorDashの「ギフト機能」を促進するキャンペーンを開始しました。 日本ではバレンタインデーというと女性から男性にチョコレートを贈ることが主流ですが、DoorDashは当社が掲げる「DEI=ダイバーシティー(多様)、エクイティ(公平)、インクルージョン(包摂)」の理念に基づき、恋人だけでなく家族や同僚、友人など、大切な人に感謝を伝える機会と捉え、DoorDashのさまざまな商品の中からギフト機能を使って、特設した「バレンタイン特集」の商品をデリバリーでお届けします。DoorDashのアプリかウェブサイトで、届け先の住所を入力し、商品を注文した後、決済時にギフトオプションを任意で選ぶことで、日本全国どこからでも、DoorDashのデリバリー提供エリアである北海道・宮城県・埼玉県・岡山県(都市名は下記参照)の加盟店が作る料理やスイーツを、該当エリアのダッシャー(配達パートナー)がデリバリーします。ギフト追跡用リンクを受取人と共有すると、受取人が到着時間を確認したり、ギフトの受取時間を予約することも可能です。また、デジタルカードを追加することもできるので、離れて暮らす実家の両親や祖父母、しばらく会えていない友人に、今年のバレンタインデーはデリバリーを使って感謝を届けてはいかがでしょうか。また、2月12日〜14日の3日間、バレンタインデー限定の割引キャンペーンを実施しますので、DoorDashのウェブサイトやアプリ、会員向けメールで詳細をご確認ください。 DoorDashのサービス提供エリア:全国46都市(2月7日現在)北海道: 札幌市宮城県: 仙台市・塩釜市・多賀城市・名取市・石巻市・大崎市・東松島市埼玉県: さいたま市・上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・富士見市・ふじみ野市・東松山市・川越市・川口市・加須市・久喜市・白岡市・行田市・熊谷市・越谷市・和光市・志木市・新座市・朝霞市・狭山市・日高市・入間市・飯能市・戸田市・蕨市・所沢市・鶴ヶ島市・坂戸市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市​​岡山県: 岡山市・倉敷市・総社市​​・笠岡市・浅口市 【ギフトを贈る方法】1.送り先の住所を入力し、近くのお店を選択します。 2.決済時に [ギフトとして贈る] を選択して、受取人の情報を入力します。 3.ギフト追跡用リンクを受取人と共有すると、受取人が到着時間を確認できます。※受取人がギフト受取時間を予約することもできます。 【DoorDash サービス概要】注文方法:DoorDash ウェブサイト( https://www.doordash.com/ja-JP)DoorDash モバイルアプリ(App StoreまたはGoogle Playからダウンロード)で注文 【DoorDash(ドアダッシュ)について】米国最大手のDoorDash(NYSE:DASH)は、地方や全国で人気の飲食店や小売業などの加盟店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツでサービスを展開しています。2013年の創業以来、​​簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、消費者からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashはお客様の玄関(ドア)に物やサービスをダッシュで届ける、物流の最後の接点「ラストワンマイル」のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
175、札幌発の担担麺で「SHIBIREを世界へ」 ​​DoorDash加盟の狙い

175、札幌発の担担麺で「SHIBIREを世界へ」 ​​DoorDash加盟の狙い

北海道内では記録的な積雪が観測された11月24日、DoorDashは札幌市でサービスを開始しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止に向け、早い段階から自治体として非常事態措置に取り組んできた札幌でプレス向けイベントを開催し、地元加盟店から株式会社 175(イチナナゴ)の執行役員である白倉直行氏にトークセッションにご登壇いただきました。そのお相手として、DoorDashマーケティングシニアマネージャーの若松瞳がファシリテーターを務めました。 「175」は、「担担麺にとことんこだわったらどのようなものが生まれるのか?それを食べてみたい」という思いから、同社代表取締役のDENOミツヒロ​​氏が、中国・四川省成都や日本の有名店を食べ歩き、オリジナルの175°DENO担担麺(ヒャクナナジュウゴドデノタンタンメン​​)を開発しました。現在は、「SHIBIRE(痺れ)を世界へ」というビジョンのもと北海道を中心に全国11か所で担担麺専門店を運営しています。 若松: 今日のランチでさっそくDasher(ダッシャー:配達員パートナー)さんに、創業の味という担担麺をデリバリーしてもらって、美味しくいただきました。深みのある辛さと豊かなコクのあるスープで痺(シビ)れを感じました。御社のビジョンである「SHIBIREを世界へ」について教えていただけますか? 白倉(敬称略): 弊社では、花椒(ホアジャオ​​)の痺れを世界のみなさんへお届けし、人々を明るく元気にしていきたいという思いをもって運営しています。花椒は担担麺の基幹食材であり、この華やかな香りとじんわりとくる痺れのことを、知らない人はまだまだ多いと感じています。 若松: 「175°DENO担担麺」という店名もユニークだと思っているのですが、スパイスと何か関係しているのでしょうか? 白倉: 店舗名は、会社名と違って、「ヒャクナナジュウゴ」という読み方をしています。そのあとに、「°(度)」がついており、温度を表しています。これはラー油を作るときの温度である175度に由来しています。この温度が香りと旨味を油に最大限に抽出し、弊社のオリジナル担担麺の味の秘訣にもなっています。 若松: なるほど、数字にはそういう意味があったのですね。お店で提供されているメニューの特長についておしえていただけますか? 白倉: 汁なし担担麺は、秘伝のゴマダレと秘伝の自家製ラー油が味の重要なポイントになっていて、香り・旨味・コクが織りなす味わいが特長です。ここに、花椒によるさわやかな痺れが加わり、お客さまに美味しく召し上がっていただいています。また、異なる辛さが選べる点もお楽しみいただいています。 若松: では次回、DENO担担麺をオーダーするときは、もっと辛くて痺れるものを選んでみます(笑)。ここからは、お店の経営についてお聞きしたいのですが、コロナ禍でイートイン状況はいかがだったでしょうか? 白倉: やはり店舗での売上をこれまでイートインでつくってきたので、コロナ禍では店舗経営が難しくなったのは事実です。なので、最初は苦戦していたのですが、デリバリー需要が根づいてきたことが、経営面でも非常にプラスになっています。店舗にもよるのですが、イートインとデリバリーの売上が同等というところもあります。言い換えると、デリバリーによって当社も生き残ることができたと言えます。 若松: デリバリー注文が定着してきて、DoorDashとしてもこれから売上に貢献できるという点でたいへん嬉しい状況ですね。デリバリーに期待されるなかで、イートインとデリバリーで何か違いや傾向などはあるのでしょうか? 白倉: 店舗ごとに商圏が異なるのですが、デリバリー注文されているお客さまで当店のファンの方も多く、リピート注文が多いことに着目しています。メニューとしては汁ありと汁なしの担担麺を展開していて、イートインでは両方人気が高いのですが、デリバリーとなると麺が伸びにくい、温度変化が気になりにくいといった点から、汁なしタイプのほうが非常に人気が高いです。 若松: デリバリーだからこそ好まれるメニューがあることは、お店としては強みになりますね。今回、DoorDashが札幌でサービスを開始するにあたり、早々に加盟店になっていただけた理由や期待についても教えていただけますか? 白倉: DoorDashに加盟した一番の理由は、配達範囲が広く、これまでは配達エリア外だったお客さまにも、弊社の担担麺をお届けできるようになる、つまりより多くの方に「痺れ」をお届けでき、一人でも多くの方を元気にできるという点にあります。これは弊社の「SHIBIREを世界へ」というビジョンともマッチしています。 若松: DoorDashとしても寒い季節にデリバリー需要が高まり注文数が増えることを期待していますし、加盟店のみなさまの売上の向上にも貢献できると思っています。弊社のサービスをご利用いただき、加盟店さまのリピーターを増やすこと、あるいは新規のお客さま獲得にもつなげていきたいと考えています。最後に、175を代表して、DoorDashを使って注文されるお客さまへのメッセージをお願いします。 白倉: 弊社では商品企画や開発にも注力し、デリバリーであってもイートインと同等の味を再現できるようになっていますので、ご家庭でDENO担担麺の「痺れ」をぜひ味わっていただき、みなさんに元気になっていただきたいと思っています。 若松: 白倉さん、ありがとうございました。

Japan
DoorDash、コンビニ大手ローソンと異なる加盟店の商品をまとめて注文できる「DoubleDash」の国内提供を開始

DoorDash、コンビニ大手ローソンと異なる加盟店の商品をまとめて注文できる「DoubleDash」の国内提供を開始

物流のラストワンマイル・プラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーDoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表兼カントリーマネージャー:山本竜馬)は本日、異なる加盟店2店舗からの配送を1回のオーダーで注文できる「DoubleDash(ダブルダッシュ)」の提供を、12月2日から開始することを発表しました。コンビニ大手の株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)​​が、DoubleDashを利用する初の加盟店としてDoorDashのパートナーに加わります。さらに、アルコールのデリバリー開始や「DoorDash x Coca-Cola ドリンクコンボメニュー」キャンペーンなど、DoorDashの新たな施策を発表しました。 DoubleDashは、サービス提供エリア内の店舗での注文時に、別の店舗の商品を追加注文できる新しい機能のサービス名称です。2つの店舗での注文であっても、1回分の配送料のみとなるため、利用者の好みにあった組み合わせ*の自由度が増します。本サービスでは最低注文金額の設定がなく、2つの注文を1人のDasher(ダッシャー:配達員)​​が配達することで、利用者の利便性を大きく向上させてくれるサービスです。 例えば、DoubleDashを利用することで、ランチにオーダーするサラダの注文に加えて、ローソンから「からあげクン」などのフライドフーズやおにぎりを追加したり、夕飯にお寿司を注文したついでにコンビニスイーツを追加するなど、DoorDashのメニューの中から自由に注文を組み合わせることができます。DoubleDashは宮城県内(仙台市と名取市の一部)のローソン15店舗と、近隣のDoorDash加盟店で利用ができます。今後、DoubleDashを利用できるエリアと対象店舗は、順次拡大する予定です。 *DoubleDashで組み合わせることができる商品には限りがあり、品物によっては分けて配達される場合もあります。 DoorDashの日本法人代表 兼 カントリーマネージャーの山本竜馬は、以下のように述べています。「DoorDashはテクノロジーカンパニーとして、お客様と加盟店のみなさまにとってさらに有益な機能を、市場ニーズを考慮しつつ順次投入していきます。DoubleDashは、お客さまにとって1回の配送料でまとめて注文することができるお得な機能というだけでなく、加盟店様にとっても新たな見込み客にアプローチできる方法を提供するものです。このような新たなテクノロジーを日本で展開することで、地域経済の活性化に貢献してまいります。」 また、12月からDoubleDash対象のローソンと仙台エリアの一部の加盟店でアルコール飲料の取り扱いが開始されます。これによりお客様にとっては、料理とあわせてお酒をオーダーできるので利便性の向上が期待できます。さらに、日本コカ·コーラ株式会社とのコラボレーション企画として、対象のレストランで「DoorDash x Coca-Cola ドリンクコンボメニュー」が提供されます。コカ·コーラ社​​の製品を含む対象セットメニューのご注文につき、お得な割引が適用されます。実施時期は11月26日〜12月9日の期間限定で​​す。 【DoubleDashの使い方】 DoorDashのアプリで飲食店の注文を確定後、地図上に表示されるDoubleDashのオプションから、近くの別の店舗の商品を表示 お好きなドリンクやスナックなどほかの商品を選択し、カートに追加して注文を確定。追加の配送料や最低注文金額はありません。 ダッシャーが、2つの注文を1回の配送料でまとめてお届けします。 【DoorDash サービス概要】 注文方法: DoorDash ウェブサイト( https://www.doordash.com/ja-JP) DoorDash モバイルアプリ(App StoreまたはGoogle Playからダウンロード)で注文 【DoorDash(ドアダッシュ)について】 米国最大手のDoorDash(NYSE:DASH)は、地方や全国で人気の飲食店や小売業などの加盟店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツの7,000以上の都市でサービスを展開しています。2013年の創業以来、​​簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、消費者からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashはお客様の玄関(ドア)に物やサービスをダッシュで届ける、物流の最後の接点「ラストワンマイル」のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
DoorDash、北海道に初上陸 札幌市でデリバリーを開始

DoorDash、北海道に初上陸 札幌市でデリバリーを開始

物流のラストワンマイル・プラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーDoorDash(ドアダッシュ)の​​日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表 兼 カントリーマネージャー:山本竜馬)は本日、北海道札幌市でデリバリーサービスの開始を発表しました。DoorDashは現在、日本を含め世界5か国で7,000以上の都市でサービスを展開し、50万もの飲食店や小売業と、2千万人の利用者をつないでいます。日本では6月に進出して以来、東北・中国・関東・北海道へと積極的にサービス提供エリアを拡大しており、これにより札幌を含む全国46都市でサービスを展開します。 DoorDashのサービス提供エリア:全国46都市(11月24日現在) 北海道: 札幌市 宮城県: 仙台市・塩釜市・多賀城市・名取市・石巻市・大崎市・東松島市 埼玉県: さいたま市・上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・富士見市・ふじみ野市・東松山市・川越市・川口市・加須市・久喜市・白岡市・行田市・熊谷市・越谷市・和光市・志木市・新座市・朝霞市・狭山市・日高市・入間市・飯能市・戸田市・蕨市・所沢市・鶴ヶ島市・坂戸市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市​​ 岡山県: 岡山市・倉敷市・総社市​​・笠岡市・浅口市 DoorDashの日本法人代表 兼 カントリーマネージャーの山本竜馬は、「6月から日本での事業を開始し、加盟店数と注文数を伸ばすことへの尽力から、確実に当社のファンが増えていることを実感するとともに、2021年の締めくくりとして北海道でサービスを開始できたことを大変嬉しく思います。デリバリーの需要増加が予測されるホリデーシーズンに向け、加盟店のみなさまの売上向上を支援してまいります」と述べています。また、「積極的に働き方改革を推進されている札幌市において、柔軟なワーキングスタイルとなるDasher(ダッシャー:配達員)という就労機会を提供することで、地域経済の活性化にも貢献していきたい」とも述べています。​​ スープカレーとホットドック店として人気のHood Dog(フッドドック)のオーナーである寺下拓実氏は、このたびのDoorDashへの加盟に関し、「毎日ていねいに仕込んでいるスパイスカレーを店舗に来られない方にも、美味しくめしあがっていただくためにも、デリバリーサービスは不可欠となってきています。とくに雨の日やこれからの寒い季節にはデリバリーの需要が増えるので、Dasherさんに届けてもらい、ご自宅などで当店の味を一人でも多くの方に楽しんでもらいたいと思っています」とコメントしています。 担担麺にこだわり、痺れで世界の人々の心を豊かで活力あるものにすることを基本理念とされる株式会社175 執行役員の白倉直行様は、このたびのDoorDash加盟に関して、「人類社会の進歩発展とともに、飲食業界の進歩にも貢献することを経営理念とし175°DENO担担麺を展開しています。DoorDashさんの地域経済への貢献という考えは、当社の共に生きる(LIVING TOGETHER)という企業活動の基本にも通じると考え、このたびの加盟を決定致しました。DoorDashさんには、その効率的な配達によって各店舗の商圏を拡大頂き、より多くのお客様に痺れの魅力を届け、笑顔の輪を広げるといったビジョン達成の一翼を担って頂けると確信しております。」とコメントしています。 DoorDashのウェブサイトやモバイルアプリを利用することで、大手外食チェーンの「吉野家」「大戸屋」「牛角」「フレッシュネスバーガー」「元気寿司」「スシロー」「白木屋」(順不同)をはじめとして、数々の地元レストランのメニューをデリバリーやテイクアウトでご堪能いただけるようになります。 札幌の代表的な地元の加盟店: 「米風亭」「Soup Curry Suage+」「スープカリー イエロー」「ピカンティ」「マジックスパイス」「175°DENO担担麺」「Curry kitchen SPICE POT!」「牛の松阪」「洋食 コノヨシ」「海味はちきょう」「ラーメン 点と線.」「Rojiura Curry SAMURAI.」「麺処 とりぱん」「Hood Dog」「nino」「本格めろんぱん専門店 まるやまめろん」「カレーショップ エス」「大衆ステーキとハンバーグ炭火焼専門店 ミンチェッタ」「らーめん○喜」「リトルジュースバー」「札幌らーめん悠」「牛かつ専門 ふしみ」「蕎麦とわいん 関」「エゾバルバンバン」「The TEA」「アサヒビール園」「スープストックトーキョー」(順不同) 【DoorDash サービス概要】 注文方法: DoorDash ウェブサイト( https://www.doordash.com/ja-JP) DoorDash モバイルアプリ(App StoreまたはGoogle Playからダウンロード)で注文 【DoorDash(ドアダッシュ)について】 米国最大手のDoorDash(NYSE:DASH)は、地方や全国で人気の飲食店や小売業などの加盟店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツの7,000以上の都市でサービスを展開しています。2013年の創業以来、​​簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、消費者からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashはお客様の玄関(ドア)に物やサービスをダッシュで届ける、物流の最後の接点「ラストワンマイル」のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
DoorDash、宮城・埼玉・岡山のデリバリー提供エリアを拡大

DoorDash、宮城・埼玉・岡山のデリバリー提供エリアを拡大

米国最大手のデリバリー・プラットフォーム DoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表 兼 カントリーマネージャー:山本竜馬)は本日、宮城県・埼玉県・岡山県での提供エリアの拡大を発表しました。DoorDashは、6月に仙台市を皮切りに日本に進出し、8月に岡山市、9月にさいたま市と順調に国内のサービス提供エリアを拡大してきました。宮城県内では7月に塩釜市・多賀城市・名取市で提供しており、10月27日から新たに石巻市・大崎市・東松島市でデリバリーが開始されます。石巻市では後日、地元メディアを招致するプレスイベントを開催する予定です。また、コロナ禍で影響を受けた石巻市や大崎市の一部の病院やホテルで割引クーポンを配布いたします。 埼玉県と岡山県では、下記の市および一部の地域でサービスの提供エリアを拡大いたしますので、一覧をご参照ください。(順不同) 宮城県:石巻市、大崎市、東松島市 埼玉県:上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・富士見市・ふじみ野市・東松山市・川越市・川口市・加須市・久喜市・白岡市・行田市・熊谷市・越谷市・和光市・志木市・新座市・朝霞市・狭山市・日高市・入間市・飯能市・戸田市・蕨市・所沢市・鶴ヶ島市・坂戸市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市​​ 岡山県:総社市​​・笠岡市・浅口市・倉敷市(南部) DoorDashのウェブサイトやモバイルアプリを利用することで、「うまい鮨勘」「ストロベリーコーンズ」などの地元のレストランの料理に加え、「吉野家」 「大戸屋」「かっぱ寿司」「ステーキ宮」​​​​「カルビ大将」「寧々家」「牛角」「温野菜」「とんかつ神楽坂さくら」「土間土間」​​「フレッシュネスバーガー」「やきとりセンター」「いろはにほへと」​​「スシロー」「元気寿司」​​「山内農場」「目利きの銀次」「とんかつの和吉(わきち)」「唐揚げ・つけそば専門店『唐蕎麦屋(からそばや)』」「バーガーキング」​​「ケンタッキーフライドチキン​​」「ウエンディーズ・ファーストキッチン」​​(順不同)などの大手外食チェーンから料理を注文することができます。 DoorDashの日本法人代表 兼 カントリーマネージャーの山本竜馬は、以下のように述べています。「宮城・岡山・埼玉でさらに提供エリアを拡大することができ、大変うれしく思います。6月に仙台でサービスを開始して以来、地方におけるデリバリー文化の普及に貢献ができていると実感しています。これからも、地域で愛されている加盟店の味を、Dasher(ダッシャー:配達員パートナー)がより多くのお客様に届けられるシステムの構築を進め、地域の経済やコミュニティの発展に寄与してまいります。」 ​​国内外で店舗展開する石巻源流の人気寿司店「うまい鮨勘(すしかん)」の企画課 課長金森崇様は、DoorDashの石巻市へのエリア拡大について次のようにコメントしています。「『うまい鮨勘』は、すでに仙台でDoorDashのデリバリーサービスを利用しており、ご来店できないお客様からも多数のご注文をいただいております。DoorDashは店舗へのサポートが手厚く、加盟店へのケアも丁寧で非常に助かっています。今回、提供エリアが石巻へと拡大されるとを聞き、石巻支店の加盟を決めました。石巻港直送の新鮮なネタを、デリバリーでもぜひお楽しみいただきたいです。」 同じくDoorDashに加盟された人気宅配ピザ・パスタ店として東北エリアに注力されている「ストロベリーコーンズ」の代表取締役 宮下 雅光様は、次のようにコメントしています。「弊社はお客様においしさと感動をデリバリーすることをモットーに展開しており、仙台市では『ナポリの窯』というブランドで、すでにDoorDashのデリバリーサービスを利用しています。この度、宮城県のより多くの皆様に『ストロベリーコーンズ』のピザ・パスタをお届けできることになりうれしく思います。人気メニューを多数ご用意しておりますので、ぜひご賞味ください。」 【DoorDashについて】 米国最大手のDoorDash(NYSE:DASH)は、地方や全国で人気の飲食店や小売業などの加盟店と消費者をつなぐテクノロジーカンパニーとして、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・ドイツの7,000以上の都市でサービスを展開しています。2013年の創業以来、​​簡単にすぐ届くことが求められる「コンビニエンス・エコノミー」時代に、消費者からの​​​​期待に応えながら、より利便性の高いサービスを通じて地域ビジネスの発展に貢献してきました。DoorDashはお客様の玄関(ドア)に物やサービスをダッシュで届ける、物流の最後の接点「ラストワンマイル」のインフラを​​提供することで、地域経済と地元のコミュニティの​活性化を支援してまいります。

Japan
DoorDash、関東に初上陸 さいたま市でデリバリーサービスを開始

DoorDash、関東に初上陸 さいたま市でデリバリーサービスを開始

米国最大手のデリバリー・プラットフォーム DoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表 兼 カントリーマネージャー:山本竜馬)は9月15日、埼玉県さいたま市でデリバリーサービスを開始することを発表しました。DoorDashの日本法人代表 兼 カントリーマネージャー山本竜馬は「この度、さいたま市でデリバリーサービスを開始することができ、とてもうれしく思います。地域で愛されている加盟店の味を、Dasher(ダッシャー:配達員)が、より多くの消費者にお届けできるエコシステムの構築を進めます。同時にデリバリー・プラットフォーマーとして、地域経済の発展に引き続き貢献していきます。県内におけるサービスエリア拡大についても、年内を目途に計画中ですので、ぜひご期待ください。」と述べています。 さいたま市でのサービス開始にともないDoorDashに加盟することになった、地域を代表する人気イタリアン「Ristorante Ogawa(リストランテ・オガワ)」のシェフ小川洋行さんは、次のようにコメントしています。「以前から系列のパニーニ店ではデリバリーサービスを利用していましたが、DoorDashを通じて、Ristorante Ogawaとして初めてデリバリーサービスをはじめることになりました。地域の個人店の発展のため、料理と気持ちをお客様にしっかりと届けたいという理念に共感したのが理由です。現在の状況下では、デリバリーサービスが、普段からご利用いただいているお客様に限らず、初めて当店の味に巡り合ってくださるお客様とのつながりを生み出してくれ、売上をサポートしてくれると思っています。さいたま市のより多くのお客様に、こだわりの味を楽しんでいたければうれしいです。」 DoorDashは、「加盟店ファースト」の考えにもとづいたデリバリーサービスを展開するとともに、テクノロジーカンパニーとして成長してきました。米国でNo.1の市場シェアを獲得した背景には、当社が独自開発した「Storefront(ストアフロント)」の存在があります。Storefrontは、加盟店が自社のウェブサイトやアプリに手頃な価格で容易に導入できる注文・デリバリーシステムとして、加盟店の売上向上などで大きく貢献しています。既存のロイヤル顧客やファンへのアプローチ方法においてマーケティング課題を抱える加盟企業や加盟店にとって、ブランドイメージを保ったまま、自社ウェブサイトにシームレスに注文機能を追加することが可能なStorefrontの導入メリットは非常に高く、米国でも大きな実績を誇っています。 DoorDashは、「加盟店ファースト」の考えにもとづいたデリバリーサービスを展開するとともに、テクノロジーカンパニーとして成長してきました。米国でNo.1の市場シェアを獲得した背景には、当社が独自開発した「Storefront(ストアフロント)​​」の存在があります。Storefrontは、加盟店が自社のウェブサイトやアプリに手頃な価格で容易に導入できる注文・デリバリーシステムとして、加盟店の売上向上などで大きく貢献しています。国内の導入企業や加盟店からはすでに好評を得ています。既存のロイヤル顧客やファンへのアプローチ方法においてマーケティング課題を抱える加盟企業および加盟店にとって、ブランドイメージを保ったまま、自社ウェブサイトにシームレスに注文機能を追加することが可能なStorefrontの導入メリットは非常に高く、米国でも大きな実績を誇っています。※2021年末まで本サービスの手数料は無料で、加盟店は決済手数料のみで利用することができます。

Japan
DoorDash、中国地方・岡山市と倉敷市でデリバリーサービスを開始

DoorDash、中国地方・岡山市と倉敷市でデリバリーサービスを開始

米国最大手のデリバリー・プラットフォーム DoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表 兼 カントリーマネージャー:山本竜馬)は8月25日、岡山県岡山市と倉敷市でデリバリーサービスを開始することを発表しました。6月に宮城県でサービスを開始後、7月に同県内の提供エリアを拡大してきたDoorDashが中国地方に初めて進出すると同時に、西日本でのサービス展開も初となります。DoorDashの日本法人代表 兼 カントリーマネージャー 山本竜馬は、「デリバリーサービスの普及が全国的に加速していますが、未だにそのメリットは大都市圏内に限られており、郊外でのサービス展開は発展途上であると言えます。今後も精力的にサービスエリアを拡大させ、デリバリー・プラットフォーマーとして、地域の加盟店、消費者、Dasher(ダッシャー:配達員)を結ぶことで地域経済に貢献して参ります」と意気込みを述べています。 岡山市、倉敷市でのサービス開始にともってDoorDashに参画することになった3つの加盟店店主は、それぞれ次のようにコメントしています。 「DoorDash2番目のサービス展開エリアとして岡山が選ばれたことを、大変うれしく思います。デリバリーやテイクアウトの文化が育ちつつあるエリアですが、より多くの人に岡山県産のフルーツの美味しさを楽しんでもらえるコミュニティづくりにも、デリバリーサービスは役立つと思っています。」モアフル、店主:橘将太さん 「DoorDashを通じて、より広範囲に自慢の味をお届けできることを嬉しく思います。地元を基盤にする飲食店とファンの関係性を理解してつくられたStorefrontという仕組み、配達とテイクアウトといったサービスだけでなく、DoorDashチームのサポートも心強く感じています。」アジアン食堂 アチェチェ、店主:中峠実さん 「アメリカでNo.1のデリバリー・プラットフォーム・ブランドとして、加盟店が簡単で使いやすいサービスを提供し、技術面からもサポートするDoorDashの姿勢に感銘を受けました。お互いに成長できる可能性を感じ、大きな期待と共に今後が楽しみです。」淡路島バーガースタンド野田屋町店、店長:岡田朋泰さん DoorDashは、テクノロジーカンパニーとしての強みを活かし、手頃な価格で加盟店が自社のウェブサイトやアプリに容易に導入できる注文・デリバリーシステム「Storefront」(ストアフロント)を提供しています。オンライン注文システムをシームレスに導入することができ、自社あるいは各店が保有するロイヤル顧客やファンへのアプローチ方法を検討している加盟店は、ブランドを保ったまま、新たな販売チャネルを開拓することが可能となります。※2021年末まで本サービスの手数料は無料で、加盟店は決済手数料のみで利用することができます。

Japan