Jun 9, 2021 Company

DoorDash、日本市場に進出 米国最大手のデリバリー・プラットフォーム事業を宮城県仙台市で開始

米国最大手のデリバリー・プラットフォーム DoorDash(ドアダッシュ)の日本法人​​DoorDash Technologies Japan株式会社​​(本社:東京都中央区、代表 兼 カントリーマネージャー:山本竜馬)は6月9日、仙台市を皮切りに日本で正式にサービスを開始することを発表しました。アジア市場に初めて進出するDoorDashにとって、米国以外でのサービス展開はカナダとオーストラリアに続き、日本が3か国目となります。地域経済の活性化を目的として事業を強化するDoorDashは、グローバル展開に対しても積極的に投資をしています。世界で最も飲食店の数が多い国のひとつである日本において、DoorDashはテクノロジーで新規需要を創出するためのツールやサービスを提供します。日本市場の特性に合わせたサービスを提供し、地域経済をサポートするという企業ミッションを遂行できることは、当社にとってユニークな事業機会となるものです。

DoorDashのCEO 兼 共同創業者のTony Xu(トニー・シュー)は、「DoorDashのサービスを日本でも提供できることをたいへんうれしく思っています。当社の事業戦略は、つねに地域経済のなかでもとくに加盟店と消費者のつながりを強めること、郊外の市場を活性化することです。私たちは、加盟店のみなさまの成長を支援し、消費者と加盟店を結びつけ、またDasher(ダッシャー:配達員)に柔軟な収益機会を創出することで、仙台の経済活性化に貢献できることを望んでいます」と述べています。DoorDashの日本法人代表 兼 カントリーマネージャー山本竜馬は、「仙台のみなさまからは、すでにDoorDashに対する高い期待をよせていただき、本日の日本市場進出に合わせて多くの加盟店とDasher(ダッシャー:配達員)に参加していただくことができました。仙台市の地域経済を、DoorDashとして貢献できることを心から楽しみにしています。地域の加盟店、消費者、Dasherを結ぶデリバリー・プラットフォーマーとして、高品質なサービスの提供に努めます」と意気込みを述べました。

DoorDashアプリを利用することで、「オステリアハミングバード」「びすとろぼんてん」「DUCCA」「牛たん炭焼 利久」「うまい鮨勘」「焼肉レストランひがしやま」「ラーメン ビリー」などの地元の飲食店に加え、「牛角」「かっぱ寿司」「吉野家」「ケンタッキーフライドチキン」「ピザハット」「ガスト」「むさしの森珈琲」「丸亀製麺」「ステーキ宮」「フロ プレステージュ パリ」などの全国区で人気が高い数百の飲食店から仙台エリアの方々は商品を注文することができます。今回の加盟店のひとつである「DUCCA」を経営する株式会社カリーナフードサービスの代表取締役 長澤睦彦様は、「日本で最初の加盟店のひとつとして、DoorDashコミュニティに参画できることをたいへんうれしく思います。仙台を地場とする加盟店の事業を理解され、Storefront・配達・テイクアウトといったサービスによって、今後さらなる成長をサポートしてくれるDoorDashチームとの連携は心強いです。今後も一人でも多くの方に美味しい料理をお届けするため、DoorDashと共に邁進して参ります」と述べています。

DoorDashが提供するサービスでは、DoorDashアプリ上でテイクアウトやデリバリーの注文ができるだけでなく、加盟店が手頃な価格で自社のアプリやウェブサイトに導入できる、注文・デリバリーシステム「Storefront(ストアフロント)」の提供(2020年米国にて開始)も開始しています。自社の既存の顧客層へのアプローチ方法を検討している加盟店は、自社のウェブサイトにStorefrontの機能を追加することで、オンライン注文をシームレスに導入することが可能となります。Storefrontの国内提供を開始するにあたり、2021年末まで本サービスの手数料を無料とし、加盟店は決済手数料のみで、本システムを利用することができます。Storefrontを活用すると、店舗の規模や現状の自社アプリ・ウェブサイトの仕様にかかわらず、簡単にオンラインでの注文受付を開始できるため、新たな販売チャネルの拡大が可能となります。また、注文履歴管理をデジタル化できるため、ウェブサイト訪問者に関するデータ・インサイトにもとづいた、効果的なマーケティング活動も可能になります。さらに、異なる店舗ブランドごとにカスタマイズも可能であるため、従来のブランディングを損なうことなく、自社チャネルの効率化が実現できます。DoorDashアプリはStorefrontもデリバリーとテイクアウトの両方に対応していますので、お客様は指定場所へDasherによる配達を依頼したり、事前注文によってテイクアウトを選択することができます。

地域経済を活性化し、Dasherの収益機会を創出することをミッションとしているDoorDashは、Dasherと近隣住民、両方の安全を最優先事項としてとらえ、DoorDashの国内事業拡大において最善策を推進できるよう取り組みを進めています。その最初の取り組みとして、配達時の安全装備・労働災害保険・宮城県警察との協力による安全教育の実施などをDasherに提供していきます。

DoorDash Expands to Japan

DoorDash, the largest on-demand logistics platform for door-to-door delivery in the U.S., announced today its official launch in Japan, beginning with Sendai. This marks the company’s first market expansion in Asia and third country outside the U.S., including Australia and Canada.

As DoorDash continues to invest in international growth in its commitment to empower local economies, Japan, one of the most restaurant-dense countries in the world, offers a unique market opportunity for the company to support local businesses with tools and services to reach new customers online.

“We are thrilled to bring DoorDash to Japan. Our strategy has always been to empower local economies, especially in the suburban markets that are historically underserved yet the appetite for connectivity between merchants and customers is high,” said DoorDash CEO and Co-founder Tony Xu. “We look forward to helping power the Sendai economy by helping merchants to grow, connecting consumers to those merchants, and creating jobs and flexible earnings opportunities for Dashers.”

“Kizuna means ‘bonding’ in Japanese, and we’ve embraced the Kizuna Economy as our motto to achieve our mission in Japan,” said DoorDash Japan Country Manager Ryoma Yamamoto. “The enthusiasm for DoorDash has been overwhelming, with Dashers and merchants signing up for our launch. We are looking forward to supporting the growing Sendai economy.”

Using the DoorDash app, consumers in Sendai can order from hundreds of local restaurants as well as national favorites, including osteria humming bird, Bistro Bonten, Ducca Sendai, Steak Miya, Gyu-Kaku, Kappa Sushi, Yoshinoya, KFC, Pizza Hut, Gusto, Musashi, and Marugame Seimen.

“We are thrilled to join the DoorDash community as one of the first merchants in Japan. Our business is based in Sendai, and we have enjoyed working with the DoorDash team who truly got to know our business and set us up for success with its services like Storefront, delivery and pick-up,” said Mutsuhiko Nagasawa, CEO of CARINA Food Service, which operates DUCCA Sendai. “We will continue to strive to bring delicious meals to as many people as possible with DoorDash.”

In addition to the marketplace app, DoorDash is also offering Sendai merchants access to its Storefront product, an affordable online ordering system that allows customers to place takeout and delivery orders directly with the restaurant. Merchants who are looking for ways to reach their existing customer bases can add Storefront to their websites to implement online ordering seamlessly.

For the Japan launch, Storefront will be commission-free through the end of the year, with the only cost to the merchants being payment processing fees. Launched in the US in 2020, Storefront enables any merchant to easily start accepting online orders regardless of the size of the store or whether the store has a website, making it possible to establish a new sales channel. Digitalization of order history management not only enables the execution of appropriate marketing activities based on insights on website visitors, but also enables customization by store brand, resulting in enhancement of store facilities without risk to existing branding.

Both Storefront and the DoorDash app power delivery and takeout. Customers can either place an order and Dashers deliver to the specified location or they can order products in advance and pick them up when ready.

A vital component of DoorDash’s mission to empower local economies and create earnings opportunities for Dashers is a commitment to the safety of both Dashers and the surrounding public. As DoorDash launches and grows its operations in Japan, it is dedicated to implementing best safety practices. As a first step, DoorDash will make subsidized safety gear available to Dashers via its online store, provide Dashers with occupational hazard insurance for covered incidents, and work with the Miyagi Prefectural Police Department to hold safety trainings for Dashers.